クロネコヤマトを利用して困ったこと記事一覧

クロネコヤマトのチームワークがとてもよくて感動したのを、とても覚えています。そして今から思えば謎なのですが運転手も作業状況を見に上がって来てる時間があったりで、ん?と思ったら案の定。最後に積んだであろう荷物が1箱、丸々無くなってました。もし仮に盗まれたのだとしてもテーブルの脚を留めるネジとスーパーファミコンのアダプターなんかは完全に外れだったと思うので、そうなら犯人ざまぁみろですが。私には実害が無...

主人の会社がクロネコヤマトさんと提携しており、引越しを伴う転勤の時はヤマト運輸さんにお世話になっております。良かった点は、やはり大手の会社なだけあって事前の荷物チェックは素早く丁寧に対応してくださいました。しかし、当日はヤマト運輸さんのご事情で引越し開始がお昼になり県内引越しでも100キロ先に移動するので新居到着が19時になってしまいました。当時8ヶ月の娘を連れての引越しだったのでいくらご事情とあ...

引っ越し自体のトラブルと言えば家具に傷がついたっことです。ソファーなんですけれど革張りで結構高かったんです。しかも結構目立つ所に。そしてそれをタッチアップで我慢してくれと・・。まぁ元妻が持って行くのでいいやと思いました。そこそこ見届けて私は仕事に出かけました。元妻にはいるものあったら全部持って行っていいぞ。といっていたのです。しかし、私は別居期間が長かったので、家の家計を元妻にまかせておいたのでな...

50代であろう、ベテランの方が担当してくれたのですが、ベテランというコトバはとりあえず、長年いただけの人でもそう呼んでしまいます。簡単にいけば、最悪の担当者。最近の若者はなってないとか言ってそうないかにもな中年男性。クロネコヤマトさんの社員教育はあると思いますが、若い方にだけしか通用されていないものでしょう。年齢が上がるにつれて、そういう教育は聞く耳持たずになるでもし、希望を言えるなら若手の方をオ...