クロネコヤマトでうまく引っ越しするノウハウ

2014年2月上旬に引っ越した。

 

事前に複数社に総額以外にもオプションサービスを含む見積もりを頼んだ。

 

見積もりが最も詳細だったので、クロネコヤマトに頼むことにした。

 

消費増税直前だったので、冷蔵庫、プリンター、洋服タンスを新品に買い替えたが、当然ながら旧品の処分費用が発生する。

 

クロネコヤマトは粗大ごみの処分費用を負担してくれるというサービスがあるのが良かった。

 

ただ、冷蔵庫に関しては『やっぱり冷蔵庫に関しては、お客様が費用負担をお願いします』と言ってきた。

 

『事前にクロネコヤマトが負担すると言っただろ!そんなの後出しジャンケンだ!』と抗議したが、最終的に消費者負担になった。

 

概ね満足の行くサービスだったが、冷蔵庫の処分費用に関しては少しふざけていると思った。

 

 

●ノウハウ1⇒引っ越し終了後に発生したダンボール箱を無料回収するサービスの回数。

 

引っ越し後にダンボール箱から所有物を出すのだが、当然ながらダンボール箱が山の様に発生する。

 

業者によっては、引っ越し後に発生したダンボール箱を無料で引き取ってくれるという。

 

クロネコヤマトは3回までダンボール箱を無料回収だった。

 

 

●ノウハウ2⇒専用のダンボール箱がある業者に仕事を頼むべき。

 

食器用や洋服用のダンボール箱がある業者なら所有物のダメージを抑えられる。

 

エアクッションで所有物を包む手間を節約できる。

 

 

●ノウハウ3⇒3月、4月の引っ越しは回避するべき。

 

繁忙期になると業者は最低限の人手しか出さない。

 

当然ながら仕事も乱暴になる。

 

しかし、筆者は繁忙期ではなかったので、人手も余裕があり、仕事も丁寧だった。

関連ページ

必要なもの、いらないもの
引っ越しは必要なもの、いらないものを分けることから始まります。
荷造りのコツ
引っ越しの際の荷造りのコツを教えます。
一括見積もりサイトの利用の仕方
便利な一括見積もりサイトの賢い利用方法を解説します。
スムーズな引越しのために
スムーズに引っ越しするために必要なこととは?
当日までにやっておくべきこと
引っ越し当日までに必ずやっておくべきこととは?