荷造りのコツ

参考になるかわかりませんが、荷造りをする時に意識していることについて二つ書かせて頂きます。

 

一つ目は、各部屋ごとに荷造りをするのは皆さんやられていると思いますが、引っ越し当日に荷ほどきが終わらないことを想定して、引っ越し先で当日必ず使うものはそのくくりで段ボールに入れて目印をつける(例えば、主人の服でひとまとめにしてしまうのではなく、当日着るパジャマと下着とタオルを家族分まとめて入れる)と、あれが無い、あれはどこ?とならないです。

 

二つ目は、引っ越しは絶好の断捨離のタイミングだと思うので、使うものは段ボールへ、、とやっていって、段ボールに入っていないものは、最後もう一度ふるいにかけて、迷ったら捨てています(ちなみにその最後の段ボールには、上記の使う順でまとめるやり方でいうと、優先順位が低いので最後にあける段ボールになります)。

 

引っ越しは新しいスタートなので、細かい配置などについついこだわってしまい時間配分が出来ず遅くまでかかってしまい、その上疲れがたまった夜に「あれがない、これがない」で更にぐったりしてしまう経験を何度かしたので、とにかく要領良く出来る工夫をしています。

 

 

 

引っ越しは今まで4,5回したのですが、やっていく内にコツを掴んできました。

 

タンスの衣類は最初は箱に移して空にしていたのですが、衣類をいれたままでも運んでくれます。

 

わが家は転勤が多いので、家具に関しては一人で持てる大きさの物か、キャスター付きの物しか購入していません。

 

主人は仕事で出来ない事が多いのでそうしたのですが、正解でした。

 

住む場所になるべく対応出来るように高さもあまり無い物にしています。

 

キャスターの付いていない家具の床に触れる部分には四隅に100円ショップで購入出来るクッションの付いたテープを貼って床に傷がつかない様にしています。

 

引っ越し業者は丁寧とうたっていますが、私の見たところ、結構雑に扱ったりすることもあるので、本当に大切な物は自分で運ぶのが良いと思います。

 

段ボールに詰める時に注意したいのは、自分で持てる重さにするのが良いと思います。

 

私は、本などを詰めすぎて、新居で片づける時に大変な思いをしました。

 

引っ越しは準備も大変ですが、私としては引っ越し業者が帰ったあとの片づけの方が大変だと感じるので、片づける時の事を考えて準備をするのが良いと思います。

関連ページ

必要なもの、いらないもの
引っ越しは必要なもの、いらないものを分けることから始まります。
一括見積もりサイトの利用の仕方
便利な一括見積もりサイトの賢い利用方法を解説します。
スムーズな引越しのために
スムーズに引っ越しするために必要なこととは?
当日までにやっておくべきこと
引っ越し当日までに必ずやっておくべきこととは?
うまく引っ越しするノウハウ
引っ越をうまくすすめるためのノウハウを説明します。